本文へ移動

アレルギー・アトピー治療

当院には、年間多数のアレルギー・アトピー患者様が、全国から外来診察に訪れ、年間約400人が入院治療されており、漢方治療を中心に東洋医学と西洋医学を両立させた幅広い立場からアトピー治療に取り組んでおります。

高雄病院のアレルギー・アトピー治療

漢方治療・食事療法・西洋医学

 アレルギー疾患には、アトピー性皮膚炎 、アレルギー性鼻炎(花粉症)、気管支喘息、アレルギー性気管支炎、蕁麻疹 などがあります。文明病とも呼ばれ、なかなか治りにくい側面があるため苦労されている方も多いと思います。
 当院では、漢方治療や食事療法を主体にアレルギー疾患の根本的治癒を目指しますが、西洋医学の対症療法も行います。即ち漢方と西洋医学を相補うように併用することで、生活の質を保ちながら治療効果を高める方針なのです。

アトピーを学ぶ病院

根治を目指すアレルギー治療

 アトピー性皮膚炎では、欧米でも日本でもステロイド外用薬とプロトピック軟膏の使用が、世界標準の治療法となっていますが、残念ながら具体的な塗り方の指導があまりされないため、コントロールが難しい患者様が大勢おられます。
 当院では、他院では軽視されがちな軟膏の塗り方の指導をきめ細かく行います。ステロイド外用薬とプロトピック軟膏を上手に使うことで皮膚炎をコントロールしながら、漢方治療と食生活の指導で根治をめざす、両面作戦なのです。

アレルギーの食事療法

体にうれしい食事療法

主食は玄米、副食は植物性たんぱく質、野菜、海藻を主に摂る菜食としております。 動物性たんぱく質は、魚貝類、鶏肉、卵などを使用していますが、牛乳、牛肉、豚肉、加工食品などは一切使用しないお食事をご用意しております。アレルギーのある方は、それぞれのアレルゲンを除くお食事となります。

高雄病院で使うこだわりの調味料

お塩…自然海塩“赤穂の天塩”ニガリを包含した粗塩
醤油…天然醸造・国内産丸大豆、国内産小麦使用、長期醸造のもの
味噌…京都美山産の大豆を使用、原料は大豆、麹、塩のみで製造
お出汁…こんぶとかつおだしを使用
もめん豆腐…国産無農薬大豆に伊豆大島のにがりと水で作った京豆腐
厚揚げ…木綿豆腐と同じ材料で作った生地を一番搾り菜種油100%で昔ながらの手揚げで作ったもの

このような自然派素材にこだわっております。
2024年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
一般財団法人 高雄病院
〒616-8265
京都府京都市右京区梅ケ畑畑町3
TEL.075-871-0245
FAX.075-861-8340
1.医療
2.介護
3.
4.
5.
TOPへ戻る