本文へ移動

高雄病院の漢方治療

 漢方医学による治療実績35年。生薬(薬草の草根木皮や鉱物)を理論的に組み合わせた煎じ薬、散剤(粉薬)、丸薬を処方しています。もちろん漢方のエキス剤も使用することがあります。
 高雄病院では、それぞれの生薬を適宜必要量組み合わせて処方するので、オーダーメイドの漢方薬であるといえます。したがって患者様ひとりひとりにキメ細やかな治療が可能となります。

高雄病院の漢方治療

西洋医学と異なる漢方治療

漢方は、原因がわからない病気に対しても、気の流れや血の流れをスムーズにして五臓六腑の機能を整えて自然治癒力を高め、根治に結びつけることができます。また、漢方的な熱や湿を生薬でとってやると、関節の痛みや、皮膚炎が良くなることが多いのです。西洋薬でとりあえず症状をコントロールし、漢方薬で根治をめざすという役割分担です。

漢方治療が注目される理由とは?

注目される漢方治療

 高雄病院には、西洋医学単独では治りにくい様々な現代病の漢方治療を求めて、京都市内はもちろん全国からたくさんの患者様がやってこられます。たとえば、厚生省が難病に指定しているMCTD・潰瘍性大腸炎などをはじめとして、ネフローゼ症候群、気管支喘息、慢性関節リウマチ、過敏性腸症候群、花粉症、不妊症、生理痛、冷え性、肝炎、じんましん、アトピー性皮膚炎など 臨床各科にまたがる患者さんたちです。

漢方診療のかたち

漢方は人を診る医学

 漢方には西洋医学にはない独特の理論や専門用語があり、同様に漢方独自の診断名があり証(しょう)と呼んでいます。例えば喘息というのは西洋医学から見た病名です。
 漢方では喘息のことを哮喘(こうぜん)と呼んでいますが、その証は人によって様々です。ですから人によって処方も異なるのです。漢方が病よりも人を診る医学であると言われるゆえんです。
2020年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
一般財団法人 高雄病院
〒616-8265
京都府京都市右京区梅ケ畑畑町3
TEL.075-871-0245
FAX.075-861-8340
1.医療
2.介護
3.
4.
5.
TOPへ戻る